トップ 最新 追記
2002|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|03|06|07|08|09|11|12|
2011|01|03|04|05|07|
2012|01|02|03|06|07|
2013|03|04|05|07|09|
2015|10|
2016|08|10|

ぷっちん日記


2002-10-17 (木) 一番多いタイトル [長年日記]

片づけ

この日記で一番多いタイトル。それは片づけ。先週の日曜に片づけ特集番組を見て燃える。家はキレイになった。月曜日、久しぶりに出社なので席がなくなっているかと心配したら、私の席は、Y氏、S氏が上も下もキレイに片づけてくれていた。ほかの人の席になったかと思った(嘘)。お二方に大感謝。そして、これを維持しなくてはならないのだが、それには、モノの場所を決めなくては。会社で一番困るのは、一ヶ月後のイベントの案内とか、いつかお世話になるかもしれない他社の製品紹介資料とかだ。全部スキャンしてPCに入れたいけれど面倒。

父の葬儀

大勢の方に助けていただきました。どうもありがとうございました。思うことなどはいずれ文になるかも。

屋久島日記

いかん、忘却の彼方へ船出しつつある。。。

買っちゃった

日曜日に秋葉へいってPCを購入。動機は、某悪魔のゲームが悪夢のように遅すぎて、せっかくの連休初日の土曜をつぶしてしまったから。koのガイドで組み立てました。安くあがったしケースも可愛いのがあって大満足。悪魔のゲームは超さくさく動き、これまででは一番の勝利をおさめることができた。もうムラマサであのゲームをやることはないだろう。我ながらよく我慢した。というか我慢する必要はなかった。さっさと買えばよかった。これで自宅での開発もストレスなし。家計簿を作るべし。


2002-10-21 (月) 2番目に多いタイトル [長年日記]

数えたわけじゃないけれど

鬱。朝起きてkoを送り出すと急に鬱。いままでの自分の選択が間違っていたような気がして淋しくなる。一人でいるのが下手になった。会社に来てほっとする。もっと早く来たらいいのに、鬱なのでぐずぐずしてダメ。

Dolls

koの見たいという映画を見に行った。絵画だね。

次は、OUT!を見たい。

携帯電話

父が亡くなったのでもういいだろうと思って電源を入れなかったり持ち歩かなかったりしていたらすごく迷惑をかけた。迷惑をかけたので余計に電話の内容が出たくないものになる。結局、コミュニケーションは怖いので避けたいのだけれど、・・・そういう気分なときもあるというだけだ。


2002-10-27 (日) Viktorセットアップ [長年日記]

新マシンをセットアップ

XMLConsortium のプロトタイピングをやろうとまずは新マシンのセットアップ。新マシンの名前は、Viktor という。父の入院中に読み終わった Harry Potter の4巻の登場人物からとった。

ようやっと eclipse を入れてみた。やはり好きそう。しかし環境ができてきたらすでに夕方。やる気はフェードアウト気味になってきた。

ko の入れてくれた Meadow2 もいい感じ。XSLT実行と編集機能を入れてみた。便利だ。

きょうは久しぶりによい日曜日だった。洗濯したし料理もしたし。しかし衣替えもしないと明日凍えることうけあい。いつやるか。。。


2002-10-28 (月) 環境整備 [長年日記]

会社マシンも

自宅にあわせて環境を整理することにした。今日中にXMLConsortium の資料を作らなければいけないのだけれどもコンセプトが昨日ずっと悩んでやっと多少まとまったばかり。不安だ。


2002-10-29 (火) たまのセミナー [長年日記]

ARIBA LIVE2002

セミナーに行くと自分の置かれている状況を客観的に見つめなおせるのでいい。アイディアも沸く。それにしても基調講演の中谷巌氏はさすがだった。圧倒的によかった。

坂の上の雲

坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)(司馬 遼太郎)面白い。読みでがあってうれしい。

Tags: Book

 以前の日記